2008年08月10日

水道の水をそのまま飲むは37.5%らしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000107-jij-pol

内閣府が「水に関する世論調査」の結果を発表しました。
必要な調査なんだろうけど・・・なぜ?って疑問も感じます。
各地域ごとの調査ならわかるんですけどね。

「水道水をそのまま飲む」という人が37.5%という調査結果ですが、地域によって大きく変わると思うんですよね。

地下水脈が豊富で、水源が綺麗なら水道水どころか湧水だって「そのまま飲んでも美味しいし、薬品を添加していないから水道水より安全」という人が多いと思われます。
熊本県などは、まさにそんな感じですよね。九州山地という天然の水源があるから、サントリーなどの飲料水メーカーが工場を作っています。

サントリー九州熊本工場の湧き水
サントリー九州熊本工場の玄関部分では、こんな感じです。

モルツバス
以前、工場見学に行った時にはこんなバスが走っていました。

逆に、東京や大阪などの大都市圏では、水道水すら飲料水には向かないでしょう。

都市圏の人は、水道水を一度沸騰させてから飲む人や浄水器を設置している人が多いでしょう。
ミネラルウォーター等を購入する人は、29.6%という事ですが、市販のミネラルウォーターのなかには、殺菌した水にミネラル分を添加した商品も多いと聞きます。
もちろん天然のミネラルウォーターも沢山あります。
このブログで日田天領水を紹介している訳は、活性水素に注目しているからなんですが、水道水だって美味しい地域はあるんですよね。

日田天領水の売り上げが悪い地域は、一体どこなのか正確な情報は知りませんが、絶対に大分県日田地方だと思うんですよ。
限りなく商品に近い水道水があるんですから必要ないですよね。

有名な名水がある地域だとミネラルウォーターの売り上げは少ないと思うんです。

ちなみに日本の名水百選なんてのもありましたが、私の知る限り選定された後で、水質が低下したところも多く、100%信用できるか疑問ですが、85〜90%くらいは信用できるかな〜って感じです。

それから、豆知識(知ってる人も多いと思うけど)なんですが、お米を炊くときにミネラルウォーターを使用する人も多いと思います。
ただ、お米を研ぐときにかなり水分を吸収するので、最初にお米を研ぐ時と炊飯器に入れるときに良い水を使わないと効果が少ないです。
水道水の質にもよるのですが、2回目3回目は水道水を使っても、極端な味の低下はないそうです。

地方の人は実感できないかもしれませんが、都会の水道水なんて飲めませんよ。特にマンションなどの集合住宅の場合はタンクが屋上にあって不衛生なところも少なくありません。

浄水器を使う場合も、フィルターなど常に新しいものが必要ですよね。
フィルターを放置したままだと、水質を悪化させるために浄水器をつけてるようなものだし、手間が掛かるのは間違いない。

それから、一口に水道水っていっても、地域によって全く違うものなんだから、内閣府も本気で「水に関する世論調査」をするのなら、地域別、水源別で調査結果を集計しないと、無意味な調査になると思います。
posted by ミスター水素水 at 01:38| Comment(0) | 水に関する報道紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。