2007年12月19日

緑茶の進行前立腺がんの抑止力?

緑茶を良く飲む人は進行前立腺がんになりにくいらしい。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000070-jij-soci

 緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくいことが19日までに、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人の約半分のリスクだった。緑茶の進行前立腺がん予防効果を示す研究は初めてという。
 調査は1990年と93年、全国10地域の40〜69歳の男性約5万人の食習慣などを調べ、2004年末まで追跡。この間に404人が前立腺がんと診断された。
 緑茶を飲む頻度でグループ分けしてリスクを比較したところ、前立腺がん全体でははっきりした関連が見られなかった。ただし、前立腺内にとどまる早期がん(271人)と、外に広がっている進行がん(114人)に分けると、進行がんは緑茶の摂取量が多いほどリスクが低く、1日5杯以上の人では1杯未満の人の0.52倍だった。



水との因果関係はあきらかになっていませんが・・・

日田天領水も癌の原因といわれる「活性酸素」と戦う水と言われている。


そして、緑茶を大量に摂取する人は、進行前立腺がんになりにくいならば、日田天領水を使った緑茶の効果は・・・

相乗効果が得られるのではないか?


そこで、日田天領水のお茶を紹介します。




緑茶の苦味、ほうじ茶の香ばしさ、食物繊維の持つほのかな甘味の調和が取れたブレンド茶です。口当たりもやわらかくて飲みやすく、いろんな料理にあう味わいですので、ぜひ食事と一緒にお飲み下さい。


是非、ブレンド茶だけではなく、緑茶も発売して欲しい。
posted by ミスター水素水 at 17:09| Comment(1) | 水に関する報道紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
癌についての情報を集めていますので、よろしければいらしてください。
Posted by 闘病者 at 2008年06月23日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。